集会・訴訟などの予定  [戻る]

下記のものは、現在わかっているものです。
これからの更新で充実させていきたいので、次のアドレス info@npg.boo.jp まで情報をお寄せください。
お待ちしています。

●沖縄・座間味島の保養施設再開にあたり物品・カンパの要請●
詳細は、避難者通信第26号 避難者通信第30号(矢ヶア克馬さんより)をご覧ください。

玄海全基差止裁判第22回口頭弁論
今回、原告仲間である福岡市の松尾邦子さんが意見陳述を行います。
松尾さんは民生委員として、原発事故が起きた時に避難が困難となる人たちの顔を思い浮かべながら日々町内を見回っています。教職の経験や長年独り暮らしだったお母様への想いを生かして活動されてきた中で感じたことを中心に、原発いらないの思いを語っていただきます。
多くのみなさんの傍聴をお願いいたします。
本裁判は、9月8日10時〜17時に基準地震動問題を中心に証人尋問を予定しており、大きな節目を迎えます。この日の傍聴もぜひともお願いします。
日時 7月28日(金)14:00〜
場所 佐賀地方裁判所
13:20 裁判所門前アピール
14:00 全基差止第22回口頭弁論
意見陳述(松尾邦子さん/福岡市/民生委員の経験から)
記者会見・報告集会 14:30〜 勧興公民館(佐賀市成章町3-18)

●『泊原発廃炉でいいんでないかい!!in岩内』●
TOMA ROCK 泊とまロック
期日:8月19日(土)12時ライブスタート 19時パネルデスカッション(岩内地方文化センター)
   8月20日(日)10時ライブ 14時パレード
場所:岩内港 旧フェリー埠頭緑地公 園
主催:後志・原発とエネルギーを考える会
今回が初めての開催となります。全国の皆さん、応援して下さい。
現地実行委連絡先
佐藤英行 090−8899−9240
藤井俊弘 090−2811−7842

●川内原発を止める!・川内原発行政訴訟 第5回口頭弁論●
新規制基準のもと、設置変更許可処分に対する初めての取消訴訟
日時 8月23日(水)11:00 福岡地裁301号大法廷
門前集会 10:30から15分間
報告集会 12時〜 「割烹みくに」赤坂1-9-23 裁判所から徒歩10分
案内チラシ
第6回 11/29(水)13:30〜
第7回 2018年2/28(水)13:30〜
連絡先 原告代表 青柳行信 080-6420-6211 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
脱原発弁護団全国連絡会のサイトの訴訟一覧 44番目に掲載。

8.26 原発いらない茨城アクション − 東海第二原発20年運転延長を許すな! 人間の鎖−
日時 8月26日(土)12:30開場、13:20開始
集会場所 茨城県東海村・阿漕ヶ浦公園(茨城県 東海村 村松579)
内 容 13:20〜14:00  集会(開会あいさつ、連帯あいさつなど)
              ゲストスピーカー:鎌田慧(かまた さとし)ルポライター
    14:00〜15:00  移動、日本原電前で人間の鎖(ヒューマンチェーン)
            現地にて終了・解散
持ち物 プラカード&仮装歓迎です。真夏の暑い時間帯でのアクションになります。
    熱中症予防のため、帽子・日よけ・お飲み物・冷却材などご持参ください。
主 催:8.26原発いらない茨城アクション実行委員会
連 絡 先 東海第二原発再稼働問題・署名実行委員会  TEL 029-282-3619(相沢)
     茨城平和擁護県民会議 TEL 029-221-6811(相楽)
     さよなら原発いばらきネットワーク TEL 029-231-4555(花山)
※賛同個人・団体募集、賛同金のご協力よろしくお願いします(詳細別紙)。
会場へのアクセス
◆自家用車の場合
 集会会場の駐車場は駐車できません。
 公共交通機関をご利用いただくか、できるだけ乗り合わせてお越しください。
 駐車場は、会場周辺にて駐車場係よりご案内いたします。
◆JR東海駅まで電車の場合
 常磐線(下り)東海駅 着
 (普通)12:18、12:46、(特急)12:18
 上記の電車にあわせて、東海駅東口から会場までバスを配車します(有料予定)。

2017/8/26(土) 映画「太陽の蓋」&トーク「菅直人元首相+河合弘之(弁護士)」@東京ウィメンズプラザ
主催:原発メーカー訴訟 原告団・弁護団
映画『太陽の蓋』 上映会とトークイベント
3.11からの5日間、当時の官僚たちが実名で登場する究極のジャーナリスティック・エンターテイメント。
トーク:菅直人元首相+河合弘之(弁護士)
日時 8月26日(土)18時?21時(開場:17:30)
会場 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室AB(渋谷駅宮益坂口から徒歩12分/表参道駅B2出口から徒歩7分)
*誰でも参加できます。無料 定員70名

●原発との別れ方●
日時 8/26(土)16時〜17時半
場所 アクロス福岡2階セミナー室
講師 小出裕章氏(元京都大学原子力研究所助教)
主催 福岡県反核医師の会
案内ちらし

玄海原発どうなる? -原発問題の過去と現在、そして未来に向けて- 根本敬×森あや子×福島尚美トークセッション
日時 8月26日(土)18:30
会場  福岡市中央市民センター視聴覚室
講師  根本敬さん(福島県農民連会長、有限責任事業組合ゆいまある代表)
     森あや子さん(福岡市議)
     福島尚美さん(唐津市議)
参加費 500円
主催 原発なくそう!九州玄海訴訟原告団・弁護団


●「オール九州 玄海原発 再稼動許さない!」集会案内●
年内、夏・秋にも再稼働が迫っている九州電力玄海原発3・4号機(佐賀県玄海町)。
原発30キロ圏内の8市町のうち、伊万里市、長崎県壱岐市、平戸市、松浦市の4人の市長が避難計画への懸念などを表明しています。
住民の多くの懸念や反対の声をよそに、この4月、県知事は再稼働に同意。
私たちは玄海原発の再稼動には「同意」しない!
生命と故郷を死滅する再稼動は許されない!

「オール九州 玄海原発 再稼動許さない!」
集会:日時:8月27日(日)午後2時から
場所:福岡市天神・警固公園
住所:福岡県福岡市中央区天神2-2 地図
デモ 天神周辺→九電本店
九電本店包囲 アピール 地図
呼びかけ: 原発いらない!九州実行委員会
     さよなら原発!福岡
     福岡県総がかり実行委員会
共催: チラシ等に掲載 要請
 原発いらない!九州実行委員会・世話人構成団体
 福岡県総がかり実行委員会・構成団体
連絡先: 原発とめよう!九電本店前ひろば
     (080-6420-6211青柳)y-aoyagi@r8.dion.ne.jp

●【核ごみに関する政府との会合(第6回)】のご案内●
高レベル放射性廃棄物の地層処分にかかる科学的特性マップ公表は7月26日 明日とも言われております。
(※報道の一部から、「今日・明日はない」との情報も今朝入ってきましたが、経産省はすでに近日として本月上旬にアナウンスしています。)
「核ごみ問題研究会」が主催した2月14日の政府との会合以降に、追質問に対して回答がありました。
しかし、省庁からの回答内容が不十分であったため、更に相互に情報交換が必要と判断しました。
この度は、科学的的特性マップ、深地層処分に係る掘削事業などについても併せて政府関係機関に質問したいと考え、目下、計画を進めています。
日時 8月29日(火)14:00〜16:00(16:30)
※場所は参議院会館を予定
前回2月14日の核ごみに関する政府との会合では、質問に対する回答が不十分だったため、追質問をする時間も取ります。
<質問事項・トピック> 以下を予定します。
@科学的特性マップ (NUMO、経産省、地層処分WG)
ATRU廃棄物以下の放射性廃棄物の地層処分 (地層処分WG 有識者委員会・経産省)
B室蘭金属加工事業のその後 (日本製鋼所、神戸製鋼所、日本原電)
C「でんきのゴミ」教育教材案について (NUMO,経産省、文科省)
D再処理等拠出金法施行後の機構の事業主体としての仕事内容・拠出金法に関する質問
 /全回から引き継いだ質問・追質問 (日本原燃・使用済燃料再処理機構)
E再処理事業に関する技術的質問・全回の回答に対する追質問 (日本原燃・使用済燃料再処理機構)
※全国の皆様からも質問内容を募ります。 核ごみに関する質問を、お寄せください。
 また、傍聴・参加をご希望される方はメールにてお知らせください。
 核ごみ問題研究会 呼びかけ人
 ベクレルフリー北海道 代表 マシオン恵美香 emika69@yahoo.co.jp
【前回資料】
「日本原燃と使用済燃料再処理機構との勉強会」
日本原燃からの回答
事前質問内容
JAEA、厚労省、原子力規制委員会からの回答
経産省の回答2
政府との会合1 規制委員会の回答

映画「日本と再生」豊中上映会
「地球をひと回りして自然エネルギーの活況を見に行こう。
メインストリームはすでに原発でも化石燃料でもない現実を!」(チラシより引用)
日時 9月2日(土) 午前10 時 〜 12時
会場 とよなか男女共同参画推進センターすてっぷホール
アクセス 阪急豊中駅隣接・エトレ豊中ビル5階
定員 150名(予約制)
上映協力金 一般500円/わかもの(40歳未満)300円/高校生以下、障がい者・付き添い、避難者:無料
主催 特定非営利活動法人豊中市民エネルギーの会・女性部
問合せ TEL090-1143-6158/masumi-e@hotmail.co.jp(衛藤)
協賛 放射能から豊中の市民・子どもを守る会
    090-8980−2436/toshi-y@kids.zaq.jp(山田)

●「日本と再生・光と風のギガワット作戦」上映会●
日本はこれからも原発のエネルギーに頼ろうとしています。しかし、世界では過酷事故の可能性がある原発の電気をやめ(脱原発)、再生可能エネルギー(自然エネルギー)へ『エネルギー大転換』が進められています。この映画は『世界の再生可能エネルギーの今』を紹介します。
日時 9月3日(日) 1回目 午前10時  2回目 午後2時
場所 アバンセホール佐賀
入場料  700円
主催  原発なくそう!九州玄海訴訟原告団・弁護団
連絡先 佐賀中央法律事務所(0952‐25‐3122)

さようなら原発さようなら戦争 全国集会
場所 代々木公園B地区
日時 9月18日(月)敬老の日
 11:30 出店ブース開店
 12:30〜13:30 野外ステージ、さようなら原発ライブ
 13:30 発言 司会 木内みどりさん
     鎌田慧さん、落合恵子さん
     福島から、玄海原発現地から
     沖縄から:山城博治さん
     総がかり行動から
     うた:趙博さん
 15:00 デモ行進

●お話会 篠山市の玉山ともよさんを囲んで 飯塚と佐賀で開催●
原発事故に備え、安定ヨウ素剤の住民への事前配布を行った兵庫県篠山市。市民として母として行政を突き動かしてきた玉山ともよさんを囲むお話会を開きます。ぜひご参加ください!
<飯塚>
 日時 9月30日(土)13時半〜
 場所 イイヅカコミュニティセンター
 主催 原発知っちょる会
<佐賀>
 日時 10月1日(日)13時〜
 場所 佐賀市内(場所調整中)
 主催 玄海プルサーマル裁判の会

10・15(日)大飯原発うごかすな!関電包囲全国集会
今秋にも迫りくる大飯原発再稼働を阻止しよう!
関西電力(関電)は、5月から6月にかけて、脱原発、反原発の圧倒的な民意を踏みにじって、危険極まりないプルサーマル炉・高浜原発4・3号機の再稼働を強行しました。
高浜原発運転停止仮処分大阪高裁抗告審での不当決定(3月28日)を受けたものです。
大阪高裁は、抗告審で、政府と関電の主張のみを追認し、原子力規制委員長までもが「安全を保証するものではない」と言う“新規制基準”を「安全基準」と言いなし、この「安全基準」に適合しているとして、高浜原発3・4号機の運転差止め仮処分を取り消したのです。「新安全神話」を作ろうとするものです。
また、原発に「絶対的安全性」を求めるべきではないとしています。人の命と尊厳をないがしろにするものです。
さらに、住民が“新規制基準”に不備があるとするのであれば、それを住民側が立証すべきだとして、「立証能力が無ければ泣き寝入りしろ」と言わんばかりの、裁判制度を根底から揺るがしかねない要求をしています。
このような極めて理不尽な決定を根拠にした高浜原発再稼働に、断固とした抗議と反撃をしなければなりません。
一方、関電や政府は、今秋以降の大飯
原発3・4号機の再稼働(安全対策工事の遅れにより12月以降にずれ込むとの報道もあり)
のみならず、40年越えの老朽原発高浜原発1・2号機、美浜3号機の再稼動もたくらみ、「原発銀座・若狭」の復活を狙っています。...
イタリア、ドイツ、リトアニア、ベトナム、台湾が脱原発に向かい、スイスが国民投票で原発新設を禁止し、韓国が新規の原発建設計画を白紙撤回し、最大の原発依存国・フランスでさえ、17基の35年超え老朽原発の廃炉を発表し、アメリカでも原発からの撤退が相次いでいるという、世界の潮流に逆らい、圧倒的多数の国民の脱原発・反原発の願いを蹂躙するものです。
政府と関電は、若狭の原発を次々に再稼動させることによって、日本中の原発再稼働に弾みをつけ、原発依存時代の再来を狙っています。したがって、画策されている大飯原発再稼働を阻止する闘いは「原発、是か非か」を問う天王山になります。
原発電気消費地と原発立地での原発NO!の闘いを圧倒的に高揚させ、「脱原発・反原発の民意に逆らったらとんでもないことになる」ことを政府と電力会社に思い知らせ、若狭の原発の全廃を闘いとりましょう!
10月15日(日)関西電力本店前を埋めつくし、大飯原発うごかすな! の声をあげましょう。
◆名 称:10・15大飯原発うごかすな!関電包囲全国集会
◆と き:10月15日(日)13:00〜14:45
◆ところ:関西電力本店前(大阪市北区)
<集会後、御堂筋デモ>
    関電前集会が終わり次第、徒歩で公園に移動します。
    ◆集 合:15:15〜15:30
    ◆ところ:うつぼ公園(大阪市西区)
     うつぼ公園からデモ出発 15:30
     デモ終了(難波)    17:00頃
◆主 催:大飯原発うごかすな!実行委員会
◆呼びかけ:
原子力発電に反対する福井県民会議
若狭の原発を考える会
◆連絡先:宮下正一(原子力発電に反対する福井県民会議)
 電話0776-25-7784 
 Fax:0776-27-5773
 E-mail:kenheiwa@quartz.ocn.ne.jp
木原壯林(若狭の原発を考える会) 電話:090-1965-7102 Fax:075-501-7102 E-mail:kiharaschem@zeus.eonet.ne.jp
ブログもあります!こちらもご覧ください。
名称:大飯原発うごかすな!実行委員会blog
♪ ♪ 賛同募集中(個人、団体)♪ ♪
上記集会に賛同していただける団体・個人の方は下記までご連絡ください。
賛同は、公表の可否も明記願います。
賛同受付⇒木原壯林(若狭の原発を考える会)
電話:090-1965-7102
Fax:075-501-7102
E-mail:kiharas-chem@zeus.eonet.ne.jp

●STOP!! 伊方原発高松集会〜原発のない未来のために〜●
伊方原発3号機は多くの反対の声を無視して昨年8月に再稼働されました。
伊方原発ゲート前で再起動のスイッチが押されたことを知らされた「八幡浜・原発から子供を守る女の会」の斉間淳子さんは泣き崩れていました。
その時の悔しさは決して忘れることはできません。
今現在伊方原発3号機の運転停止を求める仮処分が愛媛、広島、大分、山口で争われています。
この決定を待たずに今年10月には定期点検のために一旦停止します。
その後二度と動かさないために連続行動を計画しています。
ぜひ賛同団体になっていただくと同時にご参加ください。
チラシ
日時 10月21日(土)13時から
場所 香川県高松市 JR高松駅前広場(予定)
連続行動として 10月23日(月)朝から四国電力本店前行動
 (21日・22日には阻止ネットの全国相談会が高松で行われる予定)
連絡先:mailto:kyoudoukoudou@gmail.com 090-8698-2114

●元原発労働者梅田さんの労災認定を求める裁判関係●
・梅田裁判判決
 日時 12月4日(月)14時30分。多くの傍聴をお願いいたします。
 福岡高等裁判所「501大法廷」中央区城内1-1(地下鉄・赤坂徒歩5分)
原発労災梅田裁判の年表