集会・訴訟などの予定  [戻る]

下記のものは、現在わかっているものです。およそ3ヵ月先までの予定を掲載しています。
これからの更新で充実させていきたいので、次のアドレス info@npg.boo.jp まで情報をお寄せください。
お待ちしています。

■新刊本の紹介■
梅田裁判で意見陳述をされた木和美さん(岐阜大学教授)が、明石書店より新著『原発被曝労働者の労働・生活実態分析』を刊行。
内容紹介のチラシ(添付)です。
また、9月1日より、「意見書」の内容を整理・推敲し、さらに意見書には書いていない集落調査資料等を加えた「論文」を、次のリンク先で公開されています。

■新刊本の紹介■
豊田直巳著/一般社団法人・農山漁村文化協会(農文協)刊行
『「牛が消えた村」で種をまく』
『「負けてられねぇ」と今日も畑に』
『「孫たちは帰らない」けれど』
2月8日より、 シリーズタイトル「それでも『ふるさと』」として、原発震災に見舞われた福島に生きる人びとの姿を、写真絵本の形で三巻を同時刊行。
田舎の本屋さんで予約受付中

(以下、著者の豊田直巳さんからのメッセージです)
この三月には7年を迎えようとする原発事故の、発生翌日からの取材と、雑誌やテレビでの報道、そして書籍や映画での表現活動を続けてきました。
その7年にわたっての取材で、私のカメラの前に立って下さった皆さんの「個」にとって、この7年がどんな意味をあったのかを思いながら、そしてそれは、けっして「個」の生き様にとどまるものではないはずと思い、昨年 から準備したものです。
まるで原発の安全神話が復活したかのように、原発再稼働、推進政策の加速する中で、 「あの」原発事故は日々に人々の関心から遠のいているように見える現在、小学生でも見て、読めて、そして大人のこころにも訴える写真絵本の形で表現の場を得るとこできたことに感謝しながら、原発震災の続く福島の、飯舘村の人々の物語りに、 読者のこころが何かしら揺れるような作品に、と思いながらまとめたものです。
そして、よく言われますように「本は読まれて「なんぼ」」でもあります。
是非、全国の小中学校はもとより、高校・大学、公共の図書館で購入され、子どもから大人まで手に取って読んでいただけるよう皆さんのお力をお貸しください。
もちろん、余力のある方は(ホントはなくても(笑)、個人でのご購入もお願いしたいのは、言うまでもありません。

■沖縄・座間味島の保養施設再開にあたり物品・カンパの要請■
詳細は、避難者通信第26号 避難者通信第30号(矢ヶア克馬さんより)をご覧ください。

○保養プロジェクト始動スペシャル企画 in 座間味古民家ゆうみはうす○
沖縄避難家族のお母さん!
座間味にこんな保養所がありますよ!
「座間味古民家ゆうみはうす」がいよいよ本格的に保養施設として稼働いたします。
まずはご紹介もかねて、経費も特別に取り計らって、皆様をご招待したいと思います。
お願いがあります!!!
お知り合いで、保養を必要としている方がいらっしゃいましたら是非お声をかけてください。
たくさんの方の応募をお待ちします。

古民家ゆうみはうす
〒901-3401 沖縄県島尻郡座間味村阿佐37

●豊田直巳写真展『フクシマの7年間〜尊厳の記録と記憶』全国巡回プロジェクト●
7月12日〜26日    早稲田奉仕園スコットホール
※同今後の予定(確定済)
8月2日〜3日    エフコープよって館(福岡県飯塚市)
8月8日〜12日      津リージョンプラザ(三重県)
8月15日〜19日  町家 Gallery cafe 龍 (京都市)
8月21日〜31日   たつの市揖保川図書館(兵庫県)
11月1日〜10日    袋井市役所市民ギャラリー(静岡県)
2019年3月22日〜24日  高崎市吉井文化会館ギャラリー(群馬県)
※日程未定・調整中
10月  東京都大田区
2019年2〜3月 兵庫県篠山市
2019年 埼玉県原爆の図・丸木美術館

●九州玄海訴訟今後の予定●
≪本裁判期日≫佐賀地方裁判所にて。いずれも14:00〜。
第27回 10月12日(金)模擬法廷・報告集会はメートプラザ佐賀
≪追加提訴日と締切り≫
第28陣追加提訴 9月 6日(木)13時 佐賀県弁護士会集合
          ※追加提訴の締切り 8月31日(金)正午

●「避難者こども健康相談会」●
2013年6月から開催。
福島からの避難者が中心となり、低線量被曝の危険性に理解のある小児科医有志のご協力を得て、京都への避難者・子どもの健康への不安に応え支えることを目的とし年2回開催しています。
住宅支援が縮小されるなか、福島への帰還者等の健康相談、保養も課題となっております。
昨年夏に引き続き『さぽーと紡 ーtumugiー』様とタイアップし「被災地と京都を繋ぐ親子交流会&相談会」を開催します。
ぜひ皆様のご協力をお願いいたします。

つむぎプロジェクトin 京都2018 ー被災地と京都を繋ぐ親子交流会&相談会ー[概要]

日程:
8月17日 移動日(東日本→京都)、オリエンテーション
  19日 健康相談会・交流会
  20日 自由行動、(医療機関受診日)
  21日 農業体験(案)
  23日 自由行動、(医療機関受診日)
  24日 最後の夜交流会
対象:福島県や放射線量の高い地域に居住の親子さん
共催:さぽーと紡/避難者こども健康相談会きょうと/NPO 法人和
協力:浄土真宗本願寺派社会部災害対策/うつくしま☆ふくしまin京都/笑顔つながろう会

◎このプロジェクトは「公益財団法人京都新聞社会福祉事業団福祉活動支援助成」を受けております◎
今年の夏休み、被災地の親子を招きます。
健康相談会や避難したご家族との交流なども企画しています。
ぜひ皆様の物心両面のご協力をお願いいたします。

保養カンパを受け付ける口座
  ゆうちょ銀行 14420ー53226961
  *他金融機関からの振込 ゆうちょ銀行 店名 四四八  店番448  普通預金 5322696  避難者こども健康相談会きょうと
保養カンパに御協力いただきました方のお名前をパンフなどに掲載させていただきます。
公表可の方は、振込用紙の通信欄にフルネームと公表可とご記入ください。

問い合わせ先 さぽーと紡 ーtumugiー
 メール tumugimail@yahoo.co.jp

●ちっごの会学集会●
日時 8月19日(日)13:30〜16:00
会場 サンライズ久留米2F会議室(福岡県久留米市諏訪野町2363−9)
内容 @ 久留米市出前講座「身近な防災対策について」
   A 池上遊弁護士講演会「原発をなくすために」
問い合わせ先 久留米第一法律事務所(電話0942−38−8050)まで

●(8.20)「原発はどのように壊れるか:金属の基本から考える」(井野博満東京大学名誉教授)●
オルタナティフ゛な日本をめさ゛して:第15回新ちょほ゛セ゛ミ
第15回目の新ちょぼゼミ「オルタナティブな日本を目指して」のご案内です。
高浜原発1・2号機や美浜3号機、そして直近では東海第2原発など、危険極まりない老朽原発の再稼働容認が続いています。老朽原発は、そもそも設計が古いため追加の安全対策がしにくく、特に重要な機器類の差し替えなどが困難な場合が多いのです。中でも原子炉圧力容器は核燃料からの長期継続的な中性子照射により脆化(もろくなること)が進み、緊急時の冷却水大量注入の際に、まるでガラス瓶に熱湯を注いだ際にパリンと割れてしまうように、一気に壊れる可能性があるのです。しかし今日の規制委・規制庁は、そうした危険を承知の上で原発素材金属の脆化計算などをごまかしながら老朽原発を再稼働させようとしている様子が伺えます。今回は金属工学がご専門で東京大学名誉教授の井野博満先生に「原発はどのように壊れるか:金属の基本から考える」のお話をしていただきます。当日はレジメの代わりに井野博満先生のご著書を使います(下記参照)。たんぽぽ舎で割安価格で販売しておりますので、どうぞお求めの上、この勉強会にご参加いただければ幸いです。(なお、当日前段で田中一郎より福島原発事故の経験を踏まえた原発安全対策の話をいたします)
(参考文献)原発はどのように壊れるか 金属の基本から考える-小岩昌宏/著 井野博満/著(原子力資料情報室)
講師:井野博満(いの ひろみつ)さん
工学博士。専門は金属材料学 2006年より東京大学名誉教授。高知工科大学客員教授を兼任。柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会代表。著書:井野博満編、井野博満・後藤政志・瀬川嘉之著『福島原発事故はなぜ起きたか』藤原書店、2011年 
日時 8月20日(月)18時〜21時(開場17時30分)
会場 スペースたんぽぽ 参加費(資料代含む):800円(学生400円)
 たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4階 JR水道橋駅西口から5分
 水道橋西通りを神保町方面に向けて左折し、グローバルスポーツビル、
 GS跡地を過ぎて鉄建建設本社ビルを過ぎたら左折(別添PDFファイル参照)
 東京都千代田区神田三崎町2-6-2 tel 03-3238-9035 fax 03-3238-0797
 Email: nonukes@tanpoposya.net URL: http://www.tanpoposya.com/

● 映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」の上映と監督トーク●
日時:8月25日(土)
     一回目 10時から (開場9時30分)
     二回目 14時30分から (開場14時)
場所:千葉市生涯学習センター 小ホール(地下)
上映協力費:1000円 (高校生以下無料)
予約者優先 メール・FAX・電話で予約して下さい
原発さよなら千葉 メール: mailto:i_nagano@dreamcar.co.jp
         FAX:0436-98-5858
         電 話:0436-74-6042
         携帯電話:090-2553-2587(事務局 永野 勇)

●小泉純一郎元総理「原発ゼロ・自然エネルギー推進を」講演●
 元総理で原自連顧問の小泉純一郎さんが佐賀に来られます。佐賀県保険医協会による市民公開講座で、定員が800名限定です。事前の予約が必要ですので、詳細は佐賀県保険医協会のホームページか保険医協会(0952-29-1933)まで問い合わせ願います。
日時 8月25日(土)13:00〜14:30
会場 ホテルマリターレ創世4F(佐賀市神野東2−5−15)佐賀駅から徒歩2分予約が必要です。
主催 佐賀県保険医協会 ※駐車場につきましては、駅周辺コインパーキングをご利用ください。

8.25高浜原発このまま廃炉! 関電包囲全国集会
日時 8月25日(土)15:00から16:00
場所 関西電力本店前(大阪市北区中之島)
(集会終了後うつぼ公園に移動して、同公園から御堂筋デモ)
主催 原発うごかすな!実行委員会@関西・福井
呼びかけ 「オール福井反原発連絡会(原子力発電に反対する福井県民会議、 サヨナラ原発福井ネットワーク、 福井から原発を止める裁判の会、 原発住民運動福井・嶺南センター、 原発問題住民運動福井県連絡会で構成)」、「若狭の原発を考える会」、「ふるさと守る高浜・おおいの会」

●「福岡県反核医師の会」の総会記念講演会●
案内チラシ
市民公開講演 「核兵器禁止条約と世界の核戦略のゆくえ」
講師 元九州工業大学工学院教授の岡本良治さん
とき 8月25日(土)16時〜 17時半
場所 アクロス福岡 2Fセミナー室(福岡中央区天神1-1-1)
入場無料

●東海第二原発再稼働阻止茨城県大集会●
日時 9月1日(土)13時30分〜15時 
          15時30分〜16時10分デモ
場所 駿優教育会館(8F音楽ホール) 水戸市三の丸 (水戸駅北口3分)

●川内原発行政訴訟 第9回口頭弁論●
日時 9月5日(水) 13:30〜
場所 福岡地裁
※福岡地裁が新庁舎に移転します。
移転先の所在地は福岡市中央区六本松4丁目2番4号
地図
※参考資料
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
第8回期日(2018年5月30日)の概要

●九州川内訴訟口頭弁論●
日時 9月11日(火)14:30集合 15:00開廷
場所 鹿児島地裁
問い合わせ先 川内原発訴訟を支える会(電話099−225−5455)まで

●9.11脱原発テントひろば記念集会 〜福島は終ってない!原発は終りだ!〜●
日時 9月11日(火)18時半〜20時半(小雨決行)
(音楽演奏:18時〜18時半、20時半〜21時)
場所 霞が関・経産省本館正門前
主催 経産省前テントひろば
主旨
 3・11から半年後の9月11日、脱原発テントを経済産業省敷地の一画に設置したテントひろばは、経産省の立退き請求に対して「主権者宿営権」、「撤去すべきは原発」と主張してきて今年で8年目。2016年8月に経産省は脱原発テントを強制撤去しました。しかし私たち「テントひろば」は本館玄関前に移り、歩道に連日座り込んで福島原発事故の責任を追及し脱原発を訴え続けています。
 8年目を迎え、爆発した原子炉3基からはなお放射能、汚染水が漏れ続け、被災者の多くが故郷に戻れない。そう、「福島は終ってない!」のです。スリーマイル、チェルノブイリ、そして福島と繰り返された原発事故、今や世界は再生エネルギーにシフトしています。
 にも拘らず、経産省は未だに原発推進政策を続けています。
 経産省前テントひろばは9月11日夕方、経産省本館前で記念集会を開催します。今もイチエフ事故被害で苦しんでいる人、古くから原発に反対してきた人、3.11後に原発反対運動に加わった人、自然エネルギーを推進する人、多くの原発ゼロを目指す人々とともに、いまこそ「原発は終りだ!」と声を上げましょう。

●経産省前記念集会(小雨決行) 〜福島は終わっていない!原発は終わりだ!〜●
日時 9月11日(火) 18時 音楽演奏・歌
            18時・30分 メイン集会
              ゲスト発言 木内みどり・鎌田慧・吉原毅その他
            20時30分 音楽演奏・歌
            21時 終了

9.17 さようなら原発全国集会
日時 9月17日(月、敬老の日)
   11:30 出店ブース開店
   12:30 開会 野外ステージ
       コンサート
   13:30 発言
   15:10 デモ出発
場所 代々木公園B地区
主催 「さようなら原発」一千万署名 市民の会
協力 戦争させない・9条壊すな!総かがり行動実行委員会

福島映像祭 2018年9月
日 程 2018年9月22日(土)〜9月28日(金)
会 場 ポレポレ東中野/Space&Cafe ポレポレ坐 [地図]
主 催 認定NPO法人OurPlanet-TV
共 催 ポレポレ東中野
福島映像祭2018の今年の上映プログラムが決定しました!
6回目を迎える今回は、避難解除が進み、様々な支援策が打ち切られる中、揺れる避難者の姿を追った作品をはじめ、映像作品4本、トークイベント3つ、写真展の計8つのプログラムを企画しています。
作品の詳細、スケジュールは公式サイトよりご確認ください。
チラシも公開しています。
http://fukushimavoice.net/fes/fes2018
◆上映作品
『たゆたいながら』監督:阿部周一(2017年/75分/日本)
『モルゲン、明日』監督:坂田雅子(2018年/71分/日本)
『ふたつの故郷を生きる』監督:中川あゆみ(2018年/60分※予定/日本)
『かえりみち』監督:大浦美蘭(2017年/48分/日本)
◆イベント
9/22(土)市民部門上映&トーク「わたしが伝える福島」
9/23(日)上映&トーク「福島中央テレビの現場から」
9/24(月・祝)上映&トーク「避難解除地域のリアル」
◆関連企画:9/19(水)〜9/28(金)
堀誠写真展『維新の影・福島編』※入場無料

●玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会より●
9/28佐賀地裁・10/29福岡高裁 傍聴・注目をお願いします!
◆9月28日(金)佐賀地方裁判所
 14:20〜門前アピール
 14:00〜玄海原発行政訴訟第19回口頭弁論
 14:30〜玄海原発全基差止第27回口頭弁論
      原告意見陳述予定
 15:00〜記者会見・報告集会
◆10月29日(月)福岡高等裁判所(8月20日から六本松へ移転)
 13:15〜門前集会
 14:00〜玄海原発再稼働差止仮処分抗告審(法廷プレゼン)
 終了後 記者会見・報告集会

原発と憲法 講演集会 海渡雄一、かく語りき
テーマ:原発いらない!9条変えるな!
日時 9月29日(土)14:00から16:00
場所 解放県民センター4階大ホール(滋賀県人権センター)
     滋賀県大津市におの浜4丁目1−14
     電話077−522−8243
終了後30分ほどのデモ・・・関電滋賀支店経由
講師 海渡雄一
     脱原発弁護団全国連絡会議共同代表&戦争をさせない1000人委員会呼びかけ人など
参加協力費500円、避難者・学生300円、高校生以下無料
主催 さいなら原発・びわこネットワーク
協賛 戦争をさせない1000人委員会・しが&日本基督教団滋賀地区社会委員会