集会・訴訟などの予定  [戻る]

下記のものは、現在わかっているものです。
これからの更新で充実させていきたいので、次のアドレス info@npg.boo.jp まで情報をお寄せください。
お待ちしています。

●沖縄・座間味島の保養施設再開にあたり物品・カンパの要請●
詳細は、避難者通信第26号 避難者通信第30号(矢ヶア克馬さんより)をご覧ください。

●原発いらない!ふくしまカレンダー 2018年版●
私たちの作っているカレンダーのご案内です。
あの日以来、私たちの心が安まることはありません。原発事故は収束せず被害はさらに広がっています。真実を覆い隠し、地震の頻発している日本列島の各地で次々に再稼働が強行されてきました。しかし、地震は止められなくても、原発を止めることはできるはず。「フクシマを繰り返さないで!」その思いで現地集会などで福島の声を届けてきました。いつの間にか5作目になりますが、写真はほとんどが自分たちの撮ったものです。販売収益はすべて、脱原発社会を作るための活動に役立てています。どうぞこれからも福島に心を寄せ続けてくださいますように。
★1部1,000円+送料(10部以上は1部800円 送料無料) ★2,000部限定発行
〈発行〉ふくしまカレンダー制作チーム Mail/secchan@amail.plala.or.jp
〈発売〉梨の木舎 Mail/info@nashinoki-sha.com Fax/03(6256)9518
〈協力〉原発いらない福島の女たち

●川内原発を止める!・川内原発行政訴訟 第5回口頭弁論●
新規制基準のもと、設置変更許可処分に対する初めての取消訴訟
日時 8月23日(水)11:00 福岡地裁301号大法廷
門前集会 10:30から15分間
報告集会 12時〜 「割烹みくに」赤坂1-9-23 裁判所から徒歩10分
案内チラシ
第6回 11/29(水)13:30〜
第7回 2018年2/28(水)13:30〜
連絡先 原告代表 青柳行信 080-6420-6211 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
脱原発弁護団全国連絡会のサイトの訴訟一覧 44番目に掲載。

●『上関原発用地埋立禁止住民訴訟』第21回口頭弁論●
日時 10月11日(水)11:00〜
場所 山口地裁
     10:30 傍聴券抽選配布[本館か新館]
     11:00 裁判[法廷] *原告意見陳述
裁判後に、報告会・全体会[山口県弁護士会館]を実施
☆同じく山口地裁で、11/29・30 に証人陳述が あります。こちらの裁判も 傍聴をお願いいたします。
*自然の権利裁判
11月29日(水)証人陳述
13:30〜 1 中村隆子さん、2 高島みどりさん
*公有水面埋立差止め
11月30日(木)証人陳述
10:15〜11:45 岡本正昭さん
13:30〜16:00 山戸貞夫さん

●食と農の映画祭2017 in ひろしま●
「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」を3回上映
  http://faffh.com/schedule/
日時 10月23日(月) 12時10分
   10月25日(水) 10時

   10月27日(金) 13時15分...
会場 サロンシネマ http://faffh.com/about/
    広島市中区八丁堀16−10 
    広島東映プラザビル8F
    082−962−7772
料金 当日1300円(前売り1000円)、回数券、フリーパスもあり。
問合せ 「食と農の映画祭2017inひろしま」実行委員会
     082−285−8165

●第76回公衆衛生学会-手作り自由集会-第6回低線量被曝と健康被害を考える集い●
本日は、11月1日に鹿児島市で開催されます、第76回公衆衛生学会の中で開催します-手作り自由集会-「第6回低線量被曝と健康被害を考える集い」のご案内をさせてい
ただきます。
福島原発事故以来、山口、津、宇都宮、長崎、大阪市で開催してきた自由集会も、本年で6回目となり、今年は鹿児島市が会場です。
医療者と共に、一般市民の方もご参加いただけます。
日時 11月1日(水)18:00〜21:00
会場 鹿児島県歯科医師会館(第1研修室)
http://www.8020kda.jp/guide/access/
内容 報告1.福島原発事故後の広範な健康被害の増加を考える
     「福島県を含む汚染都府県における周産期死亡の増加」(医療問題研究会)
   報告2.各地から
   議論:参加者と

●川 内 原 発 を 止 め よ う!●
生命と故郷を死滅させる再稼働を許さない!!
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
(川内原発行政訴訟)第6回口頭弁論
日時:2017年11月29日(水) 13:30 
 (13:00から15分間 門前集会 その後に入廷)
場所:福岡地方裁判所301号大法廷
福岡市中央区城内1−1 / 地下鉄赤坂駅から徒歩5分
報告集会:14時半〜 日本基督教団 福岡中部教会(大名2-4-36、赤坂駅近く)
案内チラシ http://tinyurl.com/ya2w4pfn
第7回口頭弁論: 2018/02/28(水) 13:30 第8回口頭弁論: 05/30(水) 13:30

●反原発美術館の展示●
市民文化祭で反原発美術館の3作品を借りて展示。
よろしければお立ち寄りください。
イベント名:東村山市民文化祭
開催日程:11月3日(金)〜5日(日)
会場:東村山中央公民館
団体名:さよなら原発東村山

2017年 反核燃 秋の共同行動
  六ヶ所再処理工場本格操業反対! むつ中間貯蔵施設反対!
  大間原発絶対反対! 東通原発再稼働反対! フクシマを忘れない!
【六ヶ所行動】
昨今の情勢の変化により、10月15日(日)に予定しておりました「反核燃秋の共同行動ー六ヶ所行動」を延期いたします。
真に申し訳ありません。
なお、下記の「2017年 反核燃 秋の共同行動」は、11月12日(日)、青森市で開催します。
また、「六ヶ所村内ビラ入れ」などの「六ヶ所行動」は、来年春以降に行いたく存じます。
詳細は、後日。
取り急ぎ、ご連絡まで。
2017年反核燃秋の共同行動実行委員会 事務局 中道雅史
【連絡先】: 核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会
      青森市花園1-7-14 中道方
      メール hankakunen@gmail.com
      電話 080-6041-5089


【第14回 反核燃 産地直売会】2017年11月12日(日) 10:00-15:00
         場所未定
【主催】2017年反核燃秋の共同行動実行委員会
【呼びかけ人】
  浅石紘爾(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団代表)
  今村修(原水禁青森)
  大竹進(なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク共同代表)
  菊川慶子(花とハーブの里・六ケ所村)
  櫛部孝行(原発核燃をなくす下北の会)
  澤口進(核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会代表)
  種市信雄(六ヶ所・核燃から漁場を守る会)
  鳴海清彦(反核燃りんご農家)
  野坂庸子(核の中間貯蔵施設はいらない!下北の会代表)
  平野良一(核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会顧問)
【協賛】なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク
【事務局長】中道雅史(070-5477-4296)
【連絡先】核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会
      青森市花園1-7-14 中道方
      メール hankakunen@gmail.com
      電話 080-6041-5089
【集会賛同をお願いします】
賛同金 個人一口 1000円 団体一口 3000円
郵便振替 口座名 「核燃阻止」 口座番号 02350-6-6797
通信欄に公表の可否と「2017年秋の共同行動」とご記入ください。
またはメール、ファックスでお知らせ下さい。

10.21STOP!!伊方原発高松集会延期のお知らせとお詫び
 昨年8月に5年3ヶ月ぶりに再稼働を強行した伊方原発3号機を、一刻も早く停止させ、廃炉にするために日々運動をしてきましたが、残念ながらここまで止めることはできずにきました。広島、松山で闘われた仮処分申請も司法が司法としての役割を放棄した不当な決定でした。
 しかし、伊方3号機は10月3日に定期点検に入ります。裁判で止まろうが、定期点検で止まろうが、原発が停止することには変わりがありません。私たち四国4県の市民団体は、この機に伊方3号機を再再稼働させないために、四国電力本店のある香川県高松市で全国集会を計画し、準備を進めてきていました。多くの団体や個人の方々にも賛同をいただき、集会の成功と伊方原発廃炉のための大きな一歩に確信を持っていました。その矢先に安倍政権が自らの不正追及をかわすために、28日召集の衆議院を冒頭解散するという可能性が出てきました。
不正を隠すために解散するなど前代未聞の暴挙によって、私たち市民の行動を変更するなど絶対に認めることのできないことであり、腑が煮え繰り返る思いです。しかしながらより広範な運動をつくり、原発のない社会をつくるためには延期することがよりプラスであると判断しました。
 多くの方々がこの日を予定し、準備をしてくださっているところで、多大なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げます。状況をご理解いただき、予定しています12月10日の高松集会に、ご参加いただきますようよろしくお願いいたします。
   脱原発アクションin香川  原発さよなら四国ネットワーク    
   グリーン市民ネットワーク高知  脱原発市民運動ネットワーク徳島
以上
On Sat, 9 Sep 2017 10:30:48 +0900 (JST)
木村雅英 wrote:

『世界の核災害に開する研究成果...報告会』
日時 11月12日(日)10:00〜18:30(開場9:30)
場所 星陵会館ホール
   東京都千代田区永田町2-16-2
参加無料
定員:400名・当日先着順(終了後の懇親会は要予約)

プログラム
10:00−12:00
◆科研費共同研究の概要と、ウラル核惨事、ウィンズケール火災事故、ウラジオストク原潜臨界事故の顛末〔今中哲二〕
◆マーシャル諸島米核実験の「その後」〜核災害からの「再生」・「復興」はあるのか〜〔竹峰誠一郎〕
◆仏領ポリネシアでのフランス核実験と公式報告に見る放射能汚染・被ばく状況〔真下俊樹〕
◆住民の核実験に対する認識について〜セミパラチンスク地区における質問票調査とインタビューより〜〔平林今日子〕
13:20−15:20
◆核被害者への援護制度〜セミパラチンスクと原爆被爆者を事例に〜〔川野徳幸〕
◆ABCCと米原子力委員会の被爆者調査〔高橋博子〕v ◆放射線の継世代(遺伝的)影響研究の現状と問題点〜核被害者次世代の人権を考える〜〔振津かつみ〕
◆事故31年、チェルノブイリ高濃度汚染地域の内部被ばく〔木村真三〕
15:40−17:40
◆誰が、どうやって事故を収束したか?〜チェルノブイリ・東海村・福島の現場で〜〔七沢潔〕
◆英国の核災害時緊急事態対応体制から学ぶ〔進藤眞人〕
◆米国の核廃棄物問題の現状〔玉山ともよ〕
◆台湾の原子力政策の転換過程〜「フクシマ・エフェクト」はどう作用したのか〜〔鈴木真奈美〕
17:40−18:30
総合討論「世界の核災害と福島を繋ぐ想像力に向けて」
主催:「世界の核災害後始末調査」科研費グループ(代表:今中哲二)
   「被ばく被害の国際比較研究」科研費グループ(代表:川野徳幸)
問合せ先:sekainokakusaigai@gmail.com


●脱原発をめざす女たちの会結成6周年11・25集会●
「被災者には補償を!東電経営者には責任を!」を開催します。...
この間、責任者の追及や被災者支援で奔走してこられたお二人にお話をお聞きします。
日時 11月25日(土)午後2時〜4時(13時半開場)
会場 在日韓国YMCA アジア青少年センター 地下1階
テーマと講師
「福島原発事故の責任を問う刑事裁判が始まった」武藤類子さん(福島原発告訴団団長)
「消されゆく被害ー避難者の貧困、除染打ち切りの福島」吉田千亜さん(フリーライター)
参加費 1000円(当日会場で申し受けます)
お申し込み 脱原発をめざす女たちの会事務局まで電話・FAX、メールでお名前・ご住所・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
      電話:080−3174−3584
      FAX:03−6551−1111
      E−mail:info@nnpfem.com
→チラシのダウンロードはこちらから

●“12.2 反プルサーマルの日2017”佐藤和良さん講演会●
2009年12月2日、九州電力は玄海原発3号機で日本初のプルサーマル運転を強行。佐賀県知事と玄海町長は安全が確認されないのに、私たちの不安を無視して運転を了解しました。
通常のウラン燃料にプルトニウムを混ぜたMOX燃料を使うプルサーマルは危険極まりないものです。私たちは理解も納得もできないと、毎年この日に原発反対の行動を続けてきました。
今、再稼働が目前に迫った玄海3号機はプルサーマル。なんとしても止めるために、今年もこの日に行動します。
"12.2反プルサーマルの日2017 玄海原発プルサーマル再稼働にストップを!"

【講演会】終らない福島原発事故と東電刑事裁判のゆくえ
〜ふるさとを奪われ、被曝を強制される、このくやしさを消し去ることはできない〜
日時 12月2日(土)17:30開会
場所 唐津市文化体育館 会議室(唐津市和多田大土井1-1)
お話 佐藤和良さん
   <プロフィール>福島原発刑事訴訟支援団団長、原発事故被害者の救済を求める全国運動共同代表。
   1953年 楢葉町(福島第二原発立地町)生まれ。1974年 いわき生活協同組合勤務。
   1988年 「脱原発福島ネットワーク」結成。 2004年〜いわき市議会議員(現在4期)。
主催 玄海原発反対からつ事務所/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会
資料代 500円
連絡先 090-3949-2103

●玄海原発 再稼動を許さない! さようなら原発12・2玄海原発再稼働を許さない九州総決起集会●
 日時: 12月2日(土) 集会14:00  デモ15:00
 場所: 唐津市 松浦河畔公園(国際交流ひろば) 唐津ボートレース場前
 主催: さようなら原発1000万人アクション佐賀県実行委員会
賛同団体
  ・脱原発佐賀ネットワーク(9団体)
    玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会
  原発なくそう!九州玄海訴訟原告団・弁護団
  さよなら原発!佐賀連絡会
    玄海原発対策住民会議
    佐賀県原発問題対策会議
    原発を考える鳥栖の会
    プルサーマルと佐賀の100年を考える会
    玄海原発反対からつ事務所
    九州ブロック原水禁
  ・原発いらない!九州実行委員会
 連絡先: 佐賀県平和運動センター 佐賀市神野東4-7-3 TEL0952-32-2211

●元原発労働者梅田さんの労災認定を求める裁判関係●
・梅田裁判判決
 日時 12月4日(月)14時30分。多くの傍聴をお願いいたします。
 福岡高等裁判所「501大法廷」中央区城内1-1(地下鉄・赤坂徒歩5分)
原発労災梅田裁判の年表