集会・訴訟などの予定  [戻る]

下記のものは、現在わかっているものです。およそ3ヵ月先までの予定を掲載しています。
これからの更新で充実させていきたいので、次のアドレス info@npg.boo.jp まで情報をお寄せください。
お待ちしています。

■新刊本の紹介■
梅田裁判で意見陳述をされた木和美さん(岐阜大学教授)が、明石書店より新著『原発被曝労働者の労働・生活実態分析』を刊行。
内容紹介のチラシ(添付)です。
また、9月1日より、「意見書」の内容を整理・推敲し、さらに意見書には書いていない集落調査資料等を加えた「論文」を、次のリンク先で公開されています。

■新刊本の紹介■
豊田直巳著/一般社団法人・農山漁村文化協会(農文協)刊行
『「牛が消えた村」で種をまく』
『「負けてられねぇ」と今日も畑に』
『「孫たちは帰らない」けれど』
2月8日より、 シリーズタイトル「それでも『ふるさと』」として、原発震災に見舞われた福島に生きる人びとの姿を、写真絵本の形で三巻を同時刊行。
田舎の本屋さんで予約受付中

(以下、著者の豊田直巳さんからのメッセージです)
この三月には7年を迎えようとする原発事故の、発生翌日からの取材と、雑誌やテレビでの報道、そして書籍や映画での表現活動を続けてきました。
その7年にわたっての取材で、私のカメラの前に立って下さった皆さんの「個」にとって、この7年がどんな意味をあったのかを思いながら、そしてそれは、けっして「個」の生き様にとどまるものではないはずと思い、昨年 から準備したものです。
まるで原発の安全神話が復活したかのように、原発再稼働、推進政策の加速する中で、 「あの」原発事故は日々に人々の関心から遠のいているように見える現在、小学生でも見て、読めて、そして大人のこころにも訴える写真絵本の形で表現の場を得るとこできたことに感謝しながら、原発震災の続く福島の、飯舘村の人々の物語りに、 読者のこころが何かしら揺れるような作品に、と思いながらまとめたものです。
そして、よく言われますように「本は読まれて「なんぼ」」でもあります。
是非、全国の小中学校はもとより、高校・大学、公共の図書館で購入され、子どもから大人まで手に取って読んでいただけるよう皆さんのお力をお貸しください。
もちろん、余力のある方は(ホントはなくても(笑)、個人でのご購入もお願いしたいのは、言うまでもありません。

■沖縄・座間味島の保養施設再開にあたり物品・カンパの要請■
詳細は、避難者通信第26号 避難者通信第30号(矢ヶア克馬さんより)をご覧ください。

○保養プロジェクト始動スペシャル企画 in 座間味古民家ゆうみはうす○
沖縄避難家族のお母さん!
座間味にこんな保養所がありますよ!
「座間味古民家ゆうみはうす」がいよいよ本格的に保養施設として稼働いたします。
まずはご紹介もかねて、経費も特別に取り計らって、皆様をご招待したいと思います。
お願いがあります!!!
お知り合いで、保養を必要としている方がいらっしゃいましたら是非お声をかけてください。
たくさんの方の応募をお待ちします。

古民家ゆうみはうす
〒901-3401 沖縄県島尻郡座間味村阿佐37

●写真展『叫びと囁き〜フクシマ・7年間の記録と記憶〜」●
日時 6月18日(月)〜24日(日)
場所 西東京市柳沢公民館ロビー
※最終日の6月24日(日)には講演会も実施
講演会:「原発事故後のフクシマを撮り続けて7年〜記憶と記録を語る〜」
      (西東京市公民館市民企画事業)
講 師:豊田直巳さん(フォトジャーナリスト)
日 時:2018年6月24日(日)14時〜16時30分
場 所:西東京市柳沢公民館  視聴覚室 (西武新宿線西武柳沢駅南口徒歩1分)
資料代:100円【予約不要】
主 催:原発はいらない西東京集会実行委員会&西東京市公民館

●官邸前抗議 脱被ばく実現ネット●
場所 首相官邸前
日時 6月19日(火)19時30分〜20時30分(雨天決行)
主催 脱被ばく実現ネット
未だ原子力緊急事態宣言は発令されたまま 毎日580万ベクレルという放射能が空中に放出され、関東をはじめ広い範囲の地域が汚染され続けている事実があるにも関わらず、
復興庁が出した「放射線のホント」の冊子は子ども達を洗脳しようと嘘だらけの内容です。
大人が声をあげ続けなければ子ども達を救えない!
共に抗議の声をあげて下さい。
子どもを放射能から守ろう! 家族も、 そして自分も!
ご参加と抗議のスピーチをお願いします。 (衆議院議員会館前の総がかり行動後になります)

●九電株主総会会場前街宣●
日時 6月27日(水) 8:30〜10:00
場所 「ホテルニューオータニ博多」(福岡市中央区渡辺通1-1-2)の前
よびかけ  戦争と原発のない社会をめざす福岡市民の会
九電は、6月27日(水)10時から、第94回定時株主総会を開催します。
瓜生社長は玄海原発再稼働を手土産に会長へ就任し、後任に池辺和弘取締役が昇格するとの報道です。
私たちは、九電株主総会を黙って漫然と見過ごすことなど出来ません。
当日の会場前での街頭宣伝行動を呼び掛けます。
思いを共有する多くのみなさん、会場前にお集まりください。
マイクアピールを行い、スタンディングをし、ビラを配り、九電経営陣や株主のみなさん、そして市民のみなさんに訴えましょう。
私たちは九電にくらしやいのちを委ねてはいない!
・九電は川内原発を今すぐ止めろ! ・九電は玄海原発3号機を停止させ、4号機を再稼働するな!
※準備できる方は、メッセージボード、プラカード、横断幕などをお持ちください。

東海第二原発は廃炉に−わたしたちにできること−
日時 7月4日(水)18:30〜20:45(18:15開場)
場所 連合会間2階201会議室(千代田区神田駿河台3-2-11)
講師 相沢一正さん(脱原発とうかい塾・元東海村議)
主催 原子力資料情報室/協力:原水爆禁止国民会議
資料代 1000円(予約不要)

●脱原発をめざす女たちの会 講演会●
講演者:渡辺敦雄さん
元東芝の原発設計技術者で、福島第1原発3号機、5号機、女川原発1号機、浜岡原発1.2.3号機の基本設計を担当された方です。
渡辺さんは過日、安保法制違憲訴訟の法廷で、原発がいかに外部からの攻撃に耐えられない脆弱なものであるのかを具体的に証言されました。
安保法制により、日本がアメリカの戦争に巻き込まれる危険性は高まっています。
原発推進政策こそ、「安全保障」にもっとも反するものです。
原発を造った方の「証言」です。貴重な機会です。
渡辺さんのお話をぜひお聴きください。
日時 7月13日(金)18:30〜20:45(開場18:00)
場所 文京区民センター2A会議室(地下鉄春日徒歩1分)
参加費 500円
お申込みは不要です。直接会場にお出で下さい。

被爆者の声をうけつぐ映画祭
場所:武蔵大学江古田キャンパス
期日:7月14日(土)10:00〜20:00 大講堂
期日:7月15日(日)10:00〜20:20 8号館7階8702
主催:被爆者の声をうけづく映画祭実行委員会

●再エネを主力電源に 周辺自治体に事前了解権を●
日時 7月21日(土)14:00〜17:00
会場 松江テルサ 4階 大会議室
入場料 無料
主催 脱原発をめざす首長会議
協力 島根原発・エネルギー問題県民連絡会
詳細

第4回「原発と人権」全国研究・市民交流集会 in ふくしま●
日時 7月28日(土)・29日(日)
場所 福島大学(福島市金谷川)
1日目 13:00開会〜17:40 全体会
2日目 9:30〜14:30 分科会
    14:45〜16:00 全体会
☆原子力市民委員会は、7月29日(日)第1分科会「福島第一原発の後始末と脱原子力社会への転換」を日本環境会議と共催します。
『第1分科会「福島第一原発の後始末と脱原子力社会への転換」』(7月29日(日)9:30〜14:30)

本分科会では、福島第一原発事故の後始末事業を巡る諸課題について集中的に議論します。
 第1部では第一原発事故を振り返り、後藤政志さん(元東芝 原発設計技術者、NPO法人 APAST理事長)からは、事業者も規制当局もさまざまな予兆がありながらそれを汲み取れなかったことについて、伴 英幸さん(原子力資料情報室共同代表)からは、後始末作業のプロジェクト管理、労務管理、廃棄物処分などの評価を、井野博満さん(東京大学名誉教授、柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会代表)からは、新規制基準に事故の教訓が十分反映されていないことを明らかにしていただきます。
 第2部では、後始末の課題に焦点を当て、筒井哲郎さん(プラント技術者の会、NPO法人 APAST理事)から、期限を30〜40年とする「中長期ロードマップ」の後始末事業の実情について、鈴木薫さん(NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね)からは、トリチウム水の海洋放出の問題性について指摘していただきます。最後に平川秀幸さん(大阪大学教授)より、福島第一原発の後始末の問題につき、熟議を尽くして合意形成する社会へ転換する道すじにつき議論しています。

●川内原発行政訴訟 第9回口頭弁論●
日時 9月5(水) 13:30〜
場所 福岡地裁
※福岡地裁が新庁舎に移転します。
移転先の所在地は福岡市中央区六本松4丁目2番4号
地図
※参考資料
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
第8回期日(2018年5月30日)の概要