集会・訴訟などの予定  [戻る]

下記のものは、現在わかっているものです。およそ3ヵ月先までの予定を掲載しています。
これからの更新で充実させていきたいので、次のアドレス info@npg.boo.jp まで情報をお寄せください。
お待ちしています。

■新刊本の紹介■
梅田裁判で意見陳述をされた木和美さん(岐阜大学教授)が、明石書店より新著『原発被曝労働者の労働・生活実態分析』を刊行。
内容紹介のチラシ(添付)です。
また、9月1日より、「意見書」の内容を整理・推敲し、さらに意見書には書いていない集落調査資料等を加えた「論文」を、次のリンク先で公開されています。

■新刊本の紹介■
豊田直巳著/一般社団法人・農山漁村文化協会(農文協)刊行
『「牛が消えた村」で種をまく』
『「負けてられねぇ」と今日も畑に』
『「孫たちは帰らない」けれど』
2月8日より、 シリーズタイトル「それでも『ふるさと』」として、原発震災に見舞われた福島に生きる人びとの姿を、写真絵本の形で三巻を同時刊行。
田舎の本屋さんで予約受付中

(以下、著者の豊田直巳さんからのメッセージです)
この三月には7年を迎えようとする原発事故の、発生翌日からの取材と、雑誌やテレビでの報道、そして書籍や映画での表現活動を続けてきました。
その7年にわたっての取材で、私のカメラの前に立って下さった皆さんの「個」にとって、この7年がどんな意味をあったのかを思いながら、そしてそれは、けっして「個」の生き様にとどまるものではないはずと思い、昨年 から準備したものです。
まるで原発の安全神話が復活したかのように、原発再稼働、推進政策の加速する中で、 「あの」原発事故は日々に人々の関心から遠のいているように見える現在、小学生でも見て、読めて、そして大人のこころにも訴える写真絵本の形で表現の場を得るとこできたことに感謝しながら、原発震災の続く福島の、飯舘村の人々の物語りに、 読者のこころが何かしら揺れるような作品に、と思いながらまとめたものです。
そして、よく言われますように「本は読まれて「なんぼ」」でもあります。
是非、全国の小中学校はもとより、高校・大学、公共の図書館で購入され、子どもから大人まで手に取って読んでいただけるよう皆さんのお力をお貸しください。
もちろん、余力のある方は(ホントはなくても(笑)、個人でのご購入もお願いしたいのは、言うまでもありません。

■沖縄・座間味島の保養施設再開にあたり物品・カンパの要請■
詳細は、避難者通信第26号 避難者通信第30号(矢ヶア克馬さんより)をご覧ください。

○保養プロジェクト始動スペシャル企画 in 座間味古民家ゆうみはうす○
沖縄避難家族のお母さん!
座間味にこんな保養所がありますよ!
「座間味古民家ゆうみはうす」がいよいよ本格的に保養施設として稼働いたします。
まずはご紹介もかねて、経費も特別に取り計らって、皆様をご招待したいと思います。

お願いがあります!!!
お知り合いで、保養を必要としている方がいらっしゃいましたら是非お声をかけてください。
たくさんの方の応募をお待ちします。

期間:
@第一次 1月15日(月)〜21日(日)、の1週間
A第二次 2月6日(火)〜15日(木)、の10日間
B第三次 3月1(木)〜10日(土)、の10日間
各次全期間あるいは少なくとも2泊以上
特典:
@フェリー代と宿代が無料です。
A1人1日2千円食費代のみご負担。
参加条件: 親子様限定です。
期間中のイベント:
ヨガ体験
草木遊びや染め体験
アナログゲーム遊び
ご近所のパワースポット祠巡り
釣り体験
など、楽しくお過ごしいただく工夫を凝らしてお待ちします。
ご希望される方は
花井ちはる
tel: 098-987-2100
e-mail: Yoga Chiharu[chiha.yoga@gmail.com]
までご連絡ください。
定員に達した時点で募集を止めます。

古民家ゆうみはうす
〒901-3401 沖縄県島尻郡座間味村阿佐37

●福島原発刑事訴訟の公判●
次回第5回公判
日時 4月10日(火)10時〜17時
   傍聴整理券配布時間は、前回と同じく8:20〜9:00と思われます。
第6回公判は翌日11日水曜日、第7回公判は17日火曜日です。
10日と11日は、公判併行の集会はなく、公判終了後の報告会のみ予定。
・4月10日(火) 第5回公判報告会 17時頃〜 参議院議員会館101室
・4月11日(水) 第6回公判報告会 17時頃〜 参議院議員会館102室
※会場は11時より開放しています。休憩等にご利用ください。
・4月17日(火) 第7回公判併行集会 11時〜16時半
         裁判報告会・記者会見17時頃〜 参議院議員会館講堂
※4月17日は、公判併行の院内集会を開催します。
 裁判終了後は、同会場で裁判報告会・記者会見を行います。
■以降の公判予定
4月24日、27日、5月8日、9日、29日、30日、6月1日、12日、13日、15日
参加費 200円
    (アジェンダ・プロジェクト会員、定期購読会員は無料、高校生以下も無料)
皆さま是非ご参加ください。お越しの際は事前にご連絡いただけると幸いです。

●「玄海原発再稼働を許さない!九電本店前テント7周年大行動」●
ご案内ちらし
4月19日(木)午前11時〜午後2時 九電本店前テント前
同日『テント7周年懇親会』午後5時30分開場 6時開会
場所:農民会館
※どなたでもお気軽にご参加ください。お待ちしています。

●福島原発刑事訴訟裁判 公判期日●
第7回以降の 公判期日予定
【4月】17日(火)、24日(火)、27日(金)
【5月】8日(火)、9日(水)、29日(火)、30日(水)
【6月】1日(金)、12日(火)、13日(水)、15日(金)
※東京地裁
※開廷10時〜閉廷17時頃
  傍聴整理券配布時刻は未定ですがおそらく8時20分〜9時頃。
なお、第5回公判、第6回公判の様子・内容は告訴団のホームページにアップ

ドキュメンタリー映画二本の上映と出演者監督によるトークライブ
映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」(95分 古居みずえ監督)
映画「原発の町を追われて3〜双葉町・ある牛飼いの記録」(30分 堀切さとみ監督)
飯舘村、双葉町の出演者と両監督のトークライブを同時開催!!
日時 4月21日(土)
会場 新所沢公民館ホール(西武新宿線新所沢駅西口下車徒歩7分)
主催 福島支援「味噌の里親」プロジェクト

《連続シンポジウム第15回》検証:原子力規制委員会の5年半
日時 4月22(日)2時開始 1時45分開場
場所 万世橋区民会館6階洋室(「国連・憲法問題研究会」で表記されています)
【住所】 千代田区外神田1の1の11
  JR秋葉原駅電気街口から徒歩3分
  都営新宿線小川町駅、丸ノ内線淡路町駅から徒歩7分
  東京メトロ銀座線神田須田町口から徒歩5分
≪発言≫
◎新藤宗幸さん/千葉大学名誉教授、『原子力規制委員会ー独立・中立という幻想』(岩波新書)著者
◎山崎久隆さん/たんぽぽ舎
◆資料代:500円
 「専門家の集まりである、中立の規制委員会の安全チェックが終了しているのだから、再稼働してもなんら問題はありません」。
 こういう言葉が、原発再稼働へ向かう現地の役人、電力会社の人々から、口にされ続けている。「規制委」の認可は、本人たちの「基準をパスしているか否かをチェックしているだけ。絶対安全とはいいません」の主張とは裏腹に、新しい〈安全神話〉として機能している。それは、安倍首相らの「世界最高水準の安全基準だ」などという明白な嘘のくりかえしの効果も手伝っているだろうが。
 そして、その「規制委」のチェックを経た原発再稼働への動きは、大きな反対の声を押し潰して、今やラッシュというべき状態を現出している。再稼働促進へ向けて、検査と規制を分離する組織再編を完了した「規制委」は、〈原子力ムラ〉の代表的人物であった田中俊一委員長時代を終わった。
 2012年9月に発表した「規制委」のいう「安全」の内実を、この約5年半の活動を批判的に検証し問いかえす。そして、「規制委」はどこへ向かっているのかをリアルに問いただしたい。
 問題提起者は、『原子力規制委員会ー独立・中立という幻想』(岩波新書)を刊行したばかりの、行政学者の新藤宗幸さんと、「規制委」の活動に注目し続け、反原発運動の中で積極的に批判し続けてきた、「たんぽぽ舎」の山崎久隆さんである。
 積極的な参加を!
【主催・問い合わせ】福島原発事故緊急会議
 Tel:090-1705-1297(国富) fax: 03-6424-5749
 e-mail 2011shinsai.office@gmail.com

伊方原発広島高裁決定の意義とこれからの課題
平成29年12月13日、広島高等裁判所は伊方原発3号機について「火山の影響による危険性について、伊方原発が新規制基準に適合しているとした規制委員会の判断は不合理である」として平成30年9月30日までの運転停止を命ずる決定を出しました。
この裁判所の決定についての世論の反応は様々ですが、この決定の是非を考えていくためには「原発と火山」の関係を含む原子力行政を理解することが必要となります。
本シンポジウムでは,差止訴訟の申立人代理人2名をお招きして,広島高裁決定のポイントを講演して頂くとともに,今後の原子力行政のあり方についても議論をしていきます。
日時 4月21日(土)13時〜16時
場所 広島弁護士会館 3階大ホール
・第1部 基調講演 「伊方原発広島高裁決定と弁護団から見た意義」
   講師 海渡雄一弁護士(第二東京弁護士会所属)
      中野宏典弁護士(山梨県弁護士会所属)
・第2部 パネルディスカッション 「伊方原発広島高裁決定の法的・政策的妥当性を考える」
   パネリスト 基調講演者2名
入場無料
申込不要

●大飯原発うごかすな!関電包囲全国集会●
日時 4月22日(日)13:00〜14:30
場所 関電本店前(中之島)
集会後のデモ出発点:うつぼ公園(西区)→→難波まで御堂筋デモ行進(16:45)
主催 大飯原発をうごかすな!実行委員会

●井戸川裁判(フクシマ被ばく訴訟)第10回・口頭弁論●
民をだまし大地と海を汚した東京電力と政府の責任を問う!!
元双葉町町長の井戸川克隆さんが原告となり、住民を被ばくさせた責任を東京電力と国に対して問う訴訟です。

傍聴席から井戸川さんを支えましょう!
日時 4月25日(水)10時30分開廷
場所 東京地裁103号法廷(傍聴は先着順です)
[報告集会]
 報告 弁護団、井戸川克隆さん(原告)
 会場 衆議院第一議員会館・大会議室(地下1階)
 開場13:30 開始13:45
問い合わせ先 井戸川裁判(福島被ばく訴訟)を支える会
新しいチラシは、HP からダウンロードできます。
ぜひ、広めてください!

●脱原発をめざす首長会議 学習会「脱原発は可能か」●
〜再エネ・省エネ・自治体の役割〜
≪3・11≫の後、ドイツ、イタリア、スイス、ベルギー、台湾、韓国が「脱原発」の方針を決めました。
ドイツは2022年までにすべての原発を停止させるスケジュールを確かなものとするため、エネルギーの構造改革に踏み出しています。
なぜ、日本では脱原発に踏み出すことができないのでしょうか。
再生可能エネルギーの拡大を阻んでいるものは。そして自治体の役割は――。
エネルギー政策論の専門家からお話を聞きます。
講師 高橋洋・都留文科大教授
(元経済産業省総合資源エネルギー調査会委員、元内閣府参与)
日時 4月28日(土)13:30〜15:00(開場 13:00)
会場 茨城県立県民文化センター 分館 2階 集会室10号
参加費 無料
詳細

●第10回・新宿デモ 5.12 子どもを被ばくから守ろう!家族も、自分も!●
福島は未だ「原子力緊急事態宣言」は解除されないままなのに、国をあげて被ばくを隠蔽し、「被ばくしたくない」という当然の願いを「復興を妨げる非常識な考え」であるかのようなキャンペーンがはられています。
原発事故は収束してはいない事を忘れないで下さい。
関東にも放射性物質が毎日飛んできている事を忘れないで下さい。
私達の人命よりも経済優先の政府の棄民政策ーーーもう他人事ではないーー愚かにも原発再稼働が進めば 福島と同じ事故が起こるのは避けられません。
私達は自分達で子ども達、家族を守っていかなければなりません。
いまこそ、皆つながって「反被ばく、反原発」の抗議の声をあげましょう〜!ご参加お待ちしています。
・嘘で固めた政府の復興政策では子どもの健康は守れない!
・人命より経済優先の棄民政策許せない!
・住民も避難者も切り捨てる復興政策は反対!
・オリンピック、放射能被ばくを隠ペイしてやるんですか!
・健康不安を置き去りにした福島復興政策をやめよ!
・福一事故は「公害」だ!国は責任を取り避難の権利を認めよ!帰還強制は人権侵害!
・避難希望者の移住を補償せよ!
・私達が子ども達に残す贈り物・チェルノブイリ法日本版を各地で制定しましょう!
日時 5月12日(土)13:00〜アピール、14:00〜デモ
場所 新宿アルタ前
主催 脱被ばく実現ネット

●5/20 いらんじゃろう! 上関原発2018〜人も自然もいきものも〜●
瀬戸内海の西の端、山口県上関町(かみのせきちょう)に原発計画が持ち上がって36年目。祝島の人々の島をあげた根強い反対運動でくい止めていますが、中国電力は原発を2基つくる計画をすすめようとしています。 でも「もう原発なんて、いらんじゃろう!」 いったん事故が起ったら取り返しがつかないことを2011年3月11日の東京電力福島第一原発事故によって私たちは知りました。今も未来も、原発に頼らない社会を選択しましょう。この問題について、祝島の反対運動を応援しているアーサー・ビナードさんに広い視点からお話しいただき、祝島の橋本典子さんに島で暮らす思いをお話しいただきます。皆さん、ぜひおいでください。
日時:2018年5月20日(日)
13:30〜16:00(開場13:00)
16:30パレード出発
場所:明治大学リバティタワー 8階1083号室
東京都千代田区神田駿河町1-1
参加費:1000円(高校生以下無料)
予約優先
オンラインで事前決済いただくことも可能です→ kaminoseki.official.ec/
予約方法
 FAX 03-3357-3801
 web予約フォーム
ゲスト講演タイトル&プロフィール
アーサー・ビナード 「浦島太郎に謝りなさい!」
1967年、米国ミシガン州生まれ。詩人、絵本作家。1990年来日、日本語で詩作を始める。詩集「釣り上げては」(思潮社)で中原中也賞を、「ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸」(集英社)で日本絵本賞を受賞。近著に「ドームがたり」(玉川大学出版部)、「知らなかった、ぼくらの戦争」(小学館)などがある。文化放送のラジオで「アーサー・ビナード 午後の三枚おろし」が月曜日から金曜日まで毎週放送されている。2013年に祝島を訪問、上関原発のスラップ訴訟の応援団長をつとめる。
・橋本典子 「上関反対運動と私」
山口県上関町祝島生まれ。大阪で美容師をやっていたが、1997年、母の介護のため帰郷。2011年2月、中国電力の原発予定地埋め立て工事強行の際、海上封鎖を阻止するため、海上で中国電力のボートと9時間対峙した。現在は祝島で美容師をやりながら、母親から受け継いだ味噌づくりを行っている。夫の久男さんは、2009年、中国電力が起こした上関原発スラップ裁判の被告とされた。
主催:上関原発どうするの? 〜瀬戸内の自然を守るために〜(略称:上関どうするネット)
 ブログ
 お問合せMail: dousuru_net@mail.goo.ne.jp
このイベントへの賛同者、募集中!
 個人1口 1,000円
 団体1口 3,000円
 賛同金送金先
 ・郵便振替  00130-3-338139
 ・加入者名 上関どうするネット
 ・銀行振込 ゆうちょ銀行 ○一九(ゼロイチキュウ)店(019)当座 0338139
 ・加入者名 上関どうするネット
オンライン決済も可能です。

朗読劇 線量計が鳴る−元原発技術者のモノローグ−
日時 5月27日(日)13:30開場 14:00開演
会場 文化センター共同ホール
     福岡県久留米市野中町1015
主催 さよなら玄海原発の会・久留米
共催 脱原発・自然エネルギーを求める朝倉住民の会
チケット 全席自由席 前売券1500円、当日券2000円、大学生1000円、高校生以下500円

●川 内 原 発 を 止 め よ う!●
生命と故郷を死滅させる再稼働を許さない!!
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
第8回口頭弁論: 05/30(水) 13:30